> 
コンピュータ診断

 

 コンピュター診断システムによる車両診断の流れ

     

 

      

 

コンピュータ診断       エコ・スキャン・システム

当社では、お客様の安全で快適なカーライフをサポートするメニューとして、『愛車のもしも診断システム』をご提供しています。

このシステムは、株式会社バンザイが開発したトータル車輌診断管理システムでハイテク車対応の診断技術を可能にしました。

愛車の健康状態を、最新のテスターを使い車載コンピューターを診断するものです。

環境対策、予備整備としても、意味のある診断となっておりますので、是非お試しください。

 

プリウスなども健康診断 診断システム 診断表発行

診断表(PDF)

 

データーの取り込み データー表示    
PC画面に表示 数値の表示 診断シート入力 愛車シート発行

 

 

故障コードチェック(心電図)

  車載コンピュータ、センサーの異常が無いかを故障コードをチェックすることで検査します。

 

使用診断機

 

バンザイTPM1000マルチコードプラス

日立HDM-3000

デンソーDST-2

波形図1

波形図2

 

バンザイ MST-2000 MST-2000の測定データ  日立 HDM-3000  デンソー DST-2
   
 
スズキDST-Ⅱテスターによる使用例         ノートパソコンでデーターの取り込み
(クリックで拡大) (クリックで拡大) (クリックで拡大) (クリックで拡大)
     
(クリックで拡大)      

 

 

(クリックすると拡大します) (クリックすると拡大します)

 

日立自動車健康診断システム HDM-8000

健康診断シート

                  (上記シートはクリックで拡大します)

 

 

 

 

 

実際の診断シートの紹介

                   (上記シートはクリックすると拡大します)

 

 

 

 

バッテリーチェック(体力検査)

使用測定器はアーガス社製 AA500P 

エンジンを始動させる能力バッテリーの寿命が正確にゲージで表示されます。

 

 

 

安心エコチェック(全身検査)

燃費向上に直接影響を与えるエアーフィルターは、人間の肺と同様に目詰まりしてくるとエンジンの負担も大きくなります。

定期的に交換しましょう。